水が体に及ぼす影響

水…水の大切さを知ったのは社会人になった頃でした。

それまでの私は、1日の中でも水分をとるといってもごはんを食べるときにほんの少し。
それでも毎日過ごせていたし、喉渇いた~!ってならなかったんです。

だけどお肌は正直で、年齢の割にカサカサで潤いを感じられませんでした。

そんなとき、友だちの紹介である人と出会い、その方からいろんな話を聞くようになりました。そして水分をとること、取り入れる水によって大きな差がでてくることを知りました。

それ以来、私は浄水器を使用していて、1日に最低1.5リットルは飲むように気をつけています。体調がよくないと感じた時はより気をつけて水分をとるようにしています。

そのおかげでか、今の肌は年を重ねているにも関わらず、当時よりも潤いがあります。カサカサ感は冬でも感じません。

また、一番驚いたのはひどかった花粉症がすっかりなくなったことでした。

水に意識を向けるようになったこと以外に変えたことがないので、きっといい水を取り入れるようになったことしか考えられません。
実体験から私は水が大事だと胸を張って言えます!

だからこれからも気をつけていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>