ウォーターサーバー選びの決め手となる水

ウォーターサーバー会社がどんどん参入して増えてきており、新しくウォーターサーバーを設置したいと思う時にどこの会社にしようとかと迷ってしまうことがあります。水はいわば食品であり、体の大部分を構成しているので慎重に選びたいですし、体によいと思えるものにしたいものです。

現在では宅配水のニーズが高まってきており、提供している会社は数多く存在しています。それでは宅配水を選ぶポイントとは一体何なのでしょうか? また、天然水といっても取れる産地や成分など種類は色々あります。水をろ過したピュアウォーターから有名な水源から採水されたミネラルウォーター、ピュアウォーターへミネラルを加えた形のミネラルウォーターなどなど。硬度も甘さも異なるので、用途に合わせて選ぶ必要があるのです。   また、宅配水はサーバー代やメンテナンス料などのコストも考えなくてはなりません。当サイトでは宅配水の水の種類や値段・コストの比較を徹底検証して人気ランキングにしています。これから家庭やオフィスへの導入を考えている方は色々な角度から検討してみて下さい。
参考:宅配水の人気ランキングとサービス比較

水の場合天然水が人気になっていますが、ウォーターサーバー会社によってどのようにして水を採取しているのかが違っています。富士や南アルプス、飛騨、静岡の奥大井など他にもいろいろな採取地から取れた水があります。

また水道の水を使ってROという逆浸透膜の装置で菌を徹底的に取り除いてきれいにして水を販売しているところもあります。ミネラルを添加して水にバランスを出している会社もあります。

どれも信頼できる水を販売しているわけですが、後はそれが自分の口に合うかどうか、そして値段がリーズナブルかどうかが関係してくると思いますのでいろいろ比較して納得の選び方をしたいものです。

宅配の水を選ぶことの賢さ

おいしい水を飲みたいのであれば水道の水では難しいと感じる人が多いです。塩素系が強かったりするからです。また安全面でも日本の水道はしっかりしていますが、それでも水道管が錆びていないかどうかなど不安になることもあります。それで最近では水を買う人が増えています。

とはいっても毎日一人2リットルほど飲む水ですからかなりの量を消費しますし、家族が多ければ多いほどそれを準備するのは大変なことですし、それだけ費用もかかるのです。最近では近くのスーパーがROなどの装置を設置して水を販売しており、容器だけを買えば、いくらでも無料で水を入れることができると評判になっています。

しかし、水というのは重くて運ぶのは大変です。すぐに飲んでなくなってしまうので毎日のように水を運ばなければならなくなるかもしれません。それで便利なのが宅配での水を買うという方法です。もちろん無料ではないものの、まとめてネットで購入すればかなり安く買うことができますし、自宅まで運んでもらえるのはありがたいことです。

水が体に及ぼす影響

水…水の大切さを知ったのは社会人になった頃でした。

それまでの私は、1日の中でも水分をとるといってもごはんを食べるときにほんの少し。
それでも毎日過ごせていたし、喉渇いた~!ってならなかったんです。

だけどお肌は正直で、年齢の割にカサカサで潤いを感じられませんでした。

そんなとき、友だちの紹介である人と出会い、その方からいろんな話を聞くようになりました。そして水分をとること、取り入れる水によって大きな差がでてくることを知りました。

それ以来、私は浄水器を使用していて、1日に最低1.5リットルは飲むように気をつけています。体調がよくないと感じた時はより気をつけて水分をとるようにしています。

そのおかげでか、今の肌は年を重ねているにも関わらず、当時よりも潤いがあります。カサカサ感は冬でも感じません。

また、一番驚いたのはひどかった花粉症がすっかりなくなったことでした。

水に意識を向けるようになったこと以外に変えたことがないので、きっといい水を取り入れるようになったことしか考えられません。
実体験から私は水が大事だと胸を張って言えます!

だからこれからも気をつけていきたいと思います。

休憩室にはウォーターサーバーがあった

以前ある会社で事務仕事をしていたときは、空調の効きすぎで空気の乾燥がすごかったです。なんとかもう少しやわらげられないかな、と思ったのですがビル全体の管理によるらしく、無理でした。

で、喉もけっこう乾くんですよ。わりとずっと座って事務作業になるので、乾燥した空気の中に身を置くのがちょっと苦痛でしたね。
とりわけ冬はひどかったです。

会社の休憩室にはウォーターサーバーが置いてあり、好きに飲んでいいとのことでした。
水筒を持参してはその水を入れて、ちびちび飲んで喉の渇きをいやしていました。
一応お湯もでるタイプだったので、ティーパックで紅茶を入れたりインスタントのコーヒーをつくったりする人もいました。

その会社では社長がコーヒーを好きらしく、たまにウォーターサーバーの前で会ってしまうんですよ・・・。

正直、うるさいだけで嫌われている社長でしたよ。
社長がくるとそれとなく休憩室から人が順にいなくなっていくというパターンがよくありました。
あのウォーターサーバーは知っています。

水は大切。

人間は水が欠かせない生き物である。水が無ければ、脱水症状も起きるし、重症化してしまうと死に至るほどだ。

それほど、人間にとって大事なものであるのだ。人間の体内の70パーセントか80パーセントは水であるので、水から体が形成されていると言っても過言ではない。
人間だけではなくて、犬に対しても大事なものである。夏場に外出すると散歩している犬が舌を出してしんどそうにしている光景を目にすることがある。
これも水分が足りていない状態の時である。このように、水が無いと生きていけないのは、人間も犬も他の生物にとっても共通していることである。

これほど大事なものなのに、水の価値というものは低いように感じられる。当たり前のように蛇口をひねれば水が出て飲むことができるが、それほどありがたいことはないと思う。

災害時などには、当たり前にある水が手に入れらない状態になることも起こりうるからだ。無駄使いをせず、感謝して飲むことが大事なのだ。

水関係のトラブルありました。

今年は水関係のトラブルに恵まれた(嫌な意味で)年でした。夏には買ってから6年程のエアコンから水もれがおき、最近はトイレのタンクにつながっている金属の水道管みたいなところから水が漏れるようになりました。
夏のエアコンの方は今までどおり普通に使っていたのですが、水が出て室内に垂れ始めてすぐに切らないといけない状態でメチャクチャ暑い中エアコンがつけられない状態がしばらく続きました。

最初は掃除していなかったからホコリがたまっているのだと思い、持っていたムースのようなクリーナーで自分でふたをあけ布で掃除したのですが、それでも水もれがおさまらず業者に頼む事にしました。
結局原因はエアコンから外に繋がる水道管の中に虫が巣を作っているのが水漏れの原因だったそうです。

素人では直せないのが当然で何年か一回には業者に頼む事が必要になってくるとの事でした。
トイレの方も最初はボールに雨漏りのようにためていたのですが、直せそうもないので業者に頼みました。水漏れと縁がある年だなと思いました。

安心、安全な水道水

我が家では水道水の水はよく加熱するようにしています。特にお茶やコーヒーなど、水道水を温めて使う場合にはしっかりと沸騰させています。
いくら安全と言われても不安はつきまといますし、少しでも安心して飲める状態にしたいと思っています。

もちろん全く安全でないとは思っていません。もし安全ではないと思い込んでいるのなら、そもそも水道水を使うことはありませんし、沸騰させたって絶対に飲みません。

だから多少は信用しているのです。もしもの時のためにミネラルウォーターも常備していますが、それを使うことはまれで、冷たいまま使う場合以外は大体水道水で済ませてしまいます。

冬になると水を熱して使うことが多くなり、よくお湯を沸かします。
水道水なら蛇口をひねるだけでいいから手っ取り早くて手軽ですね。

ウォーターサーバーの利用も検討したことがありますが、そこまでお金をかけるほど水道水を信用していないわけではないから問題ないです。

ウォーターサーバー

家族全員がお茶より水が好きな我が家は、今までミネラルウォーターをスーパーなどで買っていました。でも、2リットルって重いですよね!

2.3本買うと手で持つのは辛いし自転車でもフラフラしちゃうくらい・・。
しかも、他に買った食材などもあるから大変!!
家の近所には徒歩圏内のスーパーが沢山あるのに、わざわざ車でスーパーへ行って箱買いしていました。

ですが!最近ウォーターサーバーを家に置くことにしました。
これがすっごく便利!!
ます、水は無くなる頃くらいに届けてくれるので重い思いをして買いに行く必要が無くなりました!!

そして、いつでも冷えた水が出てくるので美味しく飲むことができます。
ウォーターサーバーは冷えた水だけではなく、温かいお湯もすぐに出るんです!急な来客の時もサッとお茶が出せます。

また、冷蔵庫にミネラルウォーターのペットボトルを入れなくなったので、その分スペースが空き広く使えるようになりました。
まさに一石二鳥です!

大学生はなぜ水を持ち歩くのか

大学のキャンパスを歩いていると、コンビニで買ったのだろうミネラルウォーターを指からぶら下げて持ち歩く学生が多く見受けられる。
また、授業中においても机にミネラルウォーターを置いている学生は少なくない。
コーヒーや紅茶、あるいはジュースの類ならまだ分かるのだが、100円ばかしの「水」をわざわざ買って飲むのには理解が苦しむ。
「水」が飲みたいなら家の水道水を捻って水筒なりにいれてこれば良いはずだ。

なんならキャンパスの中にはウォータークーラーも設置してある。この疑問を個人的に推測してみた。
そこで私が出した結論は「ミネラルウォーターは大学生の嗜好性や機能性に合ったものというよりファッションの一部として認識されている」ということだ。

仮にスタイリッシュな服装をしている人が、持ち歩く飲料水が家から汲んできた麦茶やフルーツジュースでは、格好がつかないのだろう。
「え?あの人、あんなに大人っぽい格好してるのに飲料水がフルーツジュースって、意外と幼稚なとこがあるのね」と、悪いギャップに捉えられかねない。

一方でミネラルウォーターであれば、「綺麗好き」「金に糸目をつけない」といった付加価値を生むのだろう。
あくまで個人的な推測だが、大学生はこのような思考回路でミネラルウォーターを購入している可能性が高い気がする。

なんにしても、「ミネラルウォーター」をオシャレの一部として投資することにはどれだけの価値があるのか、気になるところではある。